PubMedID 30442668
Title MARCH3 attenuates IL-1β-triggered inflammation by mediating K48-linked polyubiquitination and degradation of IL-1RI.
Journal Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 2018 Dec;115(49):12483-12488.
Author Lin H,Gao D,Hu MM,Zhang M,Wu XX,Feng L,Xu WH,Yang Q,Zhong X,Wei J,Xu ZS,Zhang HX,Song ZM,Zhou Q,Ye W,Liu Y,Li S,Shu HB
  • MARCH3 attenuates IL-1β–triggered inflammation by mediating K48-linked polyubiquitination and degradation of IL-1RI
  • Posted by 大阪市立大学大学院医学研究科分子病態学 阿部 貴則
  • 投稿日 2018/12/13

 炎症性サイトカインIL-1βは自然免疫応答の誘導にとても重要である。IL-1βによるNF-κBシグナルの制御が破綻してしまうと自己免疫疾患を引き起こすことから、シグナル制御は厳密でなければならない。
 今回の論文で著者らはMembrane-associated RING-CH 3 (MARCH3)がIL-1βの受容体、IL-1Rに対してK48鎖を修飾し、リソソーム分解に導き、その結果 IL-1βによるNF-κBシグナルを抑制することを明らかにしている。さらにMARCH3は定常時(未刺激)ではTYRO3によりリン酸化を受け不活性化状態であるが、IL-1βの刺激が入るとCDC25がMARCH3と結合し、TYRO3によるリン酸化を阻害・脱リン酸化し、MARCH3を活性化させることも明らかにしており、MARCH3がIL-1βシグナル制御にとても重要であることが分かった。
 

返信(0) | 返信する